日本プロテインホスファターゼ研究会

お知らせ


2021-08-18:
2022年1月21-22日の2日間に渡り、当研究会の国内学術集会がオンラインで開催されます。
会名:
第10回日本プロテインホスファターゼ研究会 学術集会
会期:
2022年1月21日(金)-22日(土)
形式:
Zoomを使用した完全オンライン開催です。参加者には後日改めて接続情報をお伝えします。
定員:
300名
代表世話人:
渡邊 利雄(奈良女子大学 研究院自然科学系生物科学領域)

事前参加登録・一般演題募集は12月10日〆切です。

■ 詳細は集会案内文(PDF)をご確認ください。

演題登録票(ワードファイル)のダウンロード(上記案内文PDF内のDLリンクと同一です。提出方法についてはあわせて案内文をご参照ください。)

2021-08-04:
令和2年度の日本プロテインホスファターゼ研究会賞の受賞者が決定しました。

▶ 研究会賞のページ

令和2年度 研究会賞

受賞者:
羽間 大祐 氏(神戸大学 大学院医学研究科 内科学講座・呼吸器内科学分野 特命助教)
応募論文:
Hazama, D. et al. Macrocyclic Peptide-Mediated Blockade of the CD47-SIRPα Interaction as a Potential Cancer Immunotherapy.
Cell Chem Biol 27(9): 1181-1191 (2020)

受賞者の先生には、本年の日本プロテインホスファターゼ研究会国内集会において、賞状および記念品を贈呈させて頂くとともに、受賞講演を行っていただく予定です。

2021-01-01:
第14回国際集会を2020年12月10日-12日の3日間で神戸大学医学部にて執り行いました。コロナ禍の影響で今回はじめてReal + Virtual-styleのハイブリッド方式での開催となりましたが、海外から50名、国内から120名の参加を得て過去の開催と遜色のない活発な会議を行うことが出来ました。参加者の皆様のご協力に心より感謝申し上げます。また今回、Young Investigator Awardを設けましたので、その受賞者をご報告いたします。

第14回国際集会 代表世話人 鈴木 聡、的崎 尚

Young Investigator Award in ICPP 2020

(1) Bachelor student

  • Taiki Baba (馬場 大暉) Cell Regulation, Grad. Sch. Biomed. Sci., Nagasaki Univ., Japan PGAM5 regulates lysosomes during Parkin/PINK1-mediated mitophagy

(2) Master students

  • Sae Uno (宇野 早映) Laboratory of Biological Chemistry, Department of Chemistry, Faculty of Science, Hokkaido University, Sapporo, Japan Functions of Ser/Thr phosphatase PPM1D on adipocyte differentiation
  • Asuka Tomiyama (富山 飛鳥) Department of Laboratory Sciences, Gunma University Graduate School of Health Sciences, Japan Lack of the check point signal for microglial activation improves age-related motor learning deficits

(3) PhD students

  • Itsumi Tani (谷 愛海) Graduate School of Chemical Sciences and Engineering, Hokkaido University, Sapporo, Japan Control of nucleolar formation via phosphorylation of nucleolar protein nucleophosmin
  • Mariko Sakamoto (坂本 茉莉子) Divison of Molecular and Cellular Signaling, Department of Biochemistry and Molecular Biology, Kobe University Graduate School of Medicine, Kobe, Japan Antibodies to SIRPα/SIRPβ as a potential tool for immunotherapy of bladder cancer

(4) Young researcher

  • Ichiro Kawahata (川畑 伊知郎) Department of Pharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University, Sendai, Japan Novel regulatory mechanism for tyrosine hydroxylase gene expression and its ubiquitin-proteasomal degradation

(5) Best presentation

  • Rui Kamada (鎌田 瑠泉) Laboratory of Biological Chemistry, Department of Chemistry, Faculty of Science, Hokkaido University, Japan Ser/Thr phosphatase PPM1D regulates neutrophil differentiation and heterogeneity
2020-09-07:
第14回国際集会の会期は2020年12月10日-11日の2日間に短縮されました。
COVID-19の影響で、real-style(主に国内参加者)+virtual-style(主に海外からの参加者)での開催となります。
集会の詳細は、下記の集会ウェブサイトよりご覧ください。
会名:
第14回プロテインホスファターゼ国際カンファレンス
会期:
2020年12月10日(木)- 11日(金)
会場:
神戸大学医学部シスメックスホール(神戸市中央区楠町7-5)
代表世話人:
鈴木聡(神戸大学)・的崎尚(神戸大学)
集会URL:
https://protein.tacmic-atr.info/ 【終了しました】https://www.med.kobe-u.ac.jp/mcb/protein/
参加登録、抄録の投稿は9月30日迄です。特に国内から参加ご希望の方は下記の案内をご覧ください。

■ 国内からのプロテインホスファターゼ研究会参加者の皆様へ(PDF)

多数の皆様のご参加をお待ちしております。
2019-12-16: (旧情報です。上記の更新情報をご参照ください。)
2020年12月10日-12日の3日間に渡り、神戸大学(神戸市)にて第14回国際集会が開催されます。
会名:
第14回プロテインホスファターゼ国際カンファレンス
会期:
2020年12月10日(木)- 12日(土)
会場:
神戸大学医学部(神戸市)
代表世話人:
鈴木聡(神戸大学)・的崎尚(神戸大学)
集会URL:
未定
2019-07-18:
2019年11月14-16日の3日間に渡り、第4回日台ホスファターゼ会議が台湾にて開催されます。
会名:
The 4th Taiwan-Japan Bilateral Conference on Protein Phosphatase 【終了しました】
会期:
2019年11月14日(木)-16日(土)
会場:
National Taiwan University main campus(台北市)
代表世話人:
Tzu-Ching Meng(Academia Sinica, Taiwan)

一般(特に若手研究者)のショートトークを5演題程度募集しておりますので、発表を希望される方はJAPPR事務局までEメールにてお問い合わせください。

2019-01-08:
2019年7月5日-6日のニ日間に渡り、北海道大学鈴木章ホール(札幌市)にて第9回国内集会が開催されます。
会名:
第9回日本プロテインホスファターゼ研究会 学術集会
会期:
2019年7月5日(金)-6日(土)
会場:
北海道大学フロンティア応用科学研究棟(札幌市北区北13条西8丁目)
代表世話人:
坂口 和靖(北海道大学大学院理学研究院化学部門)
集会URL:
https://wwwchem.sci.hokudai.ac.jp/~biochem/9thJAPPR.html 【終了しました】

事前参加登録・一般演題募集は6月9日〆切です。詳細は集会ウェブサイトでご確認ください。

各賞受賞者(2019-07-18 追記)

▶▶ 過去のお知らせ