畠山研究室 【東京大学大学院医学系研究科・医学部 病因・病理学専攻 微生物学講座 微生物学研究室】

畠山 昌則 / Masanori HATAKEYAMA, MD, Ph.D

写真:畠山 昌則 東京大学大学院医学系研究科・医学部
病因・病理学専攻 微生物学講座 微生物学教室 教授

好きなもの

  • クラシックロック(60-70年代のロック)
  • 古典落語(とくに桂文治師匠)
  • 古寺−下町散策、高層ビル

▲ページの先頭へ

略歴

1956(昭和31)年8月18日 北海道北見市生まれ
1975(昭和50)年3月 北海道札幌南高等学校卒業
1981(昭和56)年3月 北海道大学医学部卒業

北大卒後、同大第三内科(宮崎保教授)研修医を1年間勤め、1982年4月、北海道大学大学院医学研究科博士課程内科系に進学。

大学院3年目(1985年)に大阪大学細胞工学センターに国内留学。谷口維紹教授(現東大医学部免疫学講座教授)のもとでT細胞増殖因子IL-2の受容体に関する研究を開始。

1991年、米国マサチューセッツ工科大学ホワイトヘッド研究所に留学。ロバート・ワインバーグ教授のもとで、レチノブラストーマ(RB)癌抑制遺伝子の機能解析に従事。

1995年帰国し、(財)癌研究会癌研究所(癌研)ウイルス腫瘍部部長。

1999年10月より北海道大学免疫科学研究所化学部門教授を兼任

2000年4月、北海道大学遺伝子病制御研究所病態研究部門分子腫瘍分野 教授。

2009年7月、東京大学大学院医学系研究科・医学部 微生物学講座 教授(現職)。

▲ページの先頭へ

業績

  1. Hatakeyama,M., Minamoto, S., Uchiyama, T., Hardy, R.R., Yamada, G. and Taniguchi, T. (1985) Reconstitution of functional receptor for human interleukin-2 in mouse cells. Nature, 318, 467-470.
  2. Hatakeyama, M., Minamoto, S. and Taniguchi, T. (1986) Intracytoplasmic phosphorylation sites of Tac antigen(p55) are not essential for the conformation, function, and regulation of human interleukin-2 receptor. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 83, 9650-9654.
  3. Hatakeyama, M., Tsudo, M., Minamoto, S., Kono, T., Doi, T., Miyata, T., Miyasaka, M. and Taniguchi, T. (1989) Interleukin-2 receptor b chain gene: Generation of three receptor forms by cloned human a and b chain cDNA's. Science, 244, 551-556.
  4. Hatakeyama, M., Mori, H., Doi, T. and Taniguchi, T. (1989) A restricted cytoplasmic region of IL-2 receptor b chain is essential for growth signal transduction, but not for ligand binding and internalization. Cell, 59, 837-845.
  5. Hatakeyama, M., Kono, T., Kobayashi, N., Kawahara, A., Levin, S.D., Perlmutter, R.M. and Taniguchi, T. (1991) Interaction of the IL-2 receptor with the src-family kinase p56lck: Identification of novel intermolecular interaction. Science, 252, 1523-1528.
  6. Hatakeyama, M., Kawahara, A., Mori, H., Shibuya, H. and Taniguchi, T. (1992) c-fos gene induction by interleukin 2: Identification of the critical cytoplasmic regions within the interleukin 2 receptor b chain. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 89, 2022-2026.
  7. Hatakeyama, M., Brill, J., Fink, G.R. and Weinberg, R.A. (1994) Collaboration of G1 cyclins in the functional inactivation of the retinoblastoma protein. Genes Dev., 8, 1759-1771.
  8. Hatakeyama, M., Herrera, R.A., Makela, T., Dowdy, S.F., Jacks, T. and Weinberg, R.A. (1995) The Cancer cell and the cell cycle. Cold Spring Harbor Symposia on Quantitative Biology, 59, 1-10.
  9. Hatakeyama, M. and Weinberg, R.A. (1996) The role of RB in cell cycle control. Progress Cell Cycle Res., 1, 9-19.